ブログのblog

無料ブログ「楽天」「FC2」「はてな」「Google-Blogger」「Seesaa」など比較、引っ越し、作り方、カスタマイズのメモ的忘備録

FC2ブログ記事が凍結されたよ 「DMCA違反」その1

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 f:id:nakakuko:20160816034601p:plain

当方はFC2無料版を使用して趣味のブログを運営している。

この2016年で11年目です。  

これまでもFC2のインフォメーションからは、ここが変わったとか〇〇を使ってみないかとか、そういう宣伝メールが週に何通も来ていて、あまり真剣に読む事も無くゴミ箱行きになっていた。

そんなウチのメールボックスに、この11年目の7月30日。

今までに見た事のないメールがやってきたのである。

アドレスは「fc2-i●fo@fc2.us」タイトルは「ブログ運営についての重要なお知らせです」。

「DMCAによる著作権違反」のお知らせ

私がFC2で運営しているブログはドラマのレビューブログ。

ドラマを見て感想をつらつら書く、まるっきり商売無関係のブログである。

だから著作権違反なんてやってない……

かと言うと、「セリフを引用してシーンを思い出せるようにあらすじを書く」というコンセプトで書いているので、ちょっと引っかかる部分はあるといえばある。

もの凄く脚本が秀逸で面白いドラマだと、自分でも「長すぎだな」と思いつつセリフを入れ込んでしまい過ぎの記事もある。

全てはドラマを愛すればこそのやりすぎだから……。

とか、

ウチ以外でも、むしろあらすじどころじゃなく全部セリフ並べたててるだけの台本みたいなブログもあるじゃん!!

とか、そういう言い訳は法律の前には無意味なので。 素直に反省して凍結記事はあきらめるべきですよね…と思っていた。

凍結されたのはフジテレビ放映の「僕のヤバイ妻」という4月期の連続ドラマの、なぜか第2話1本だけ。

正直、ほとんどセリフの引用はしていない記事である。

ただ、録画してスクショを撮った画像を4枚ほど掲載しているので、文章よりは、それが引っかかったのだろうと思っていた。

凍結記事が止まらない

しかし、凍結はそれだけでは止まらなかった。

メールはその日のうちに後2通やってきて、計19本の記事が凍結された。

FC2では記事が凍結されると、そのURLには当然アクセスできない。

アクセスすると

「このブログは下記の理由などにより凍結されています。
 ・規約上の違反があった。
 ・多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った。」


などと書かれて上下にデッカイ広告を入れ込んだページに飛ばされます。
link.gif

また、編集画面の方では凍結記事は「凍結」と書かれ、「編集」も「削除」もできない。

これは、例えば私が異議申し立てをして裁判にでもなった時のために証拠を書き換えできなくするためだろうと思う。

メールにも、記事に問題がない場合は「申し立てフォーム」から異議を申し立てろと書いてある。そして、その際は削除要請してきた相手…つまりこの場合はフジテレビと、裁判になるかもしれないから覚悟してねとも書いてある。

そんなことしないから、早く削除させてほしいんだけど。

凍結される必要のない記事 

とりあえず、「凍結しますた」という記事を1本ずつ見てみると(メールにはURLしか書いてないので何の記事だか検索しないとよく解らない)、1本は「僕のヤバイ妻」だった。

そして、その記事に関しては「ちょっと、これって凍結されるほど?」と思ったの。

セリフの引用は、ほぼしていなかった。 スクショ画像は他の記事にも使っているトップの1本だけだった。 そもそも、その記事はほぼツイッター実況のまとめ記事だった。 (引用はツイッター社の規則通りの方法で記事に埋め込んでいた)

もっとも、スクショ画像は例え1枚だろうがアウトなのだから…まぁ仕方ないよね…。

と、思いつつ、他の17本の記事を見る。

「Original Work: Rich Man, Poor Woman」

これは2014年にフジテレビで放映されていた「リッチマン、プアウーマン」というドラマからの訴えで3本。

突然、時代が遡ったことに戸惑ったけれども、どこかで再放送でもやっているのかな…。

記事の内容を見てみると、セリフはちょくちょく引用しているものの、当然丸写しではないし、不思議な事にこの記事に使っている画像は「リッチマン、プアウーマン」の画像では無かった。

まーー他のドラマや映画から取ったスクショですが、タレント事務所からならともかくフジテレビに訴えられるいわれはない。

さらに時代を遡って2013年の「ガリレオ」から3本。

画像は1枚使ってはいるが、これは自分で作った画像なんですけど…。 セリフもそれほど引用しすぎている印象は無いし、正直「ガリレオ」の記事は毎回ものすごく時間を掛けて書いていたので、この辺からちょっと悲しみを通り越して怒りを感じ始める。

そして、2011年と2009年「BOSS」から10本。

ここに来て、完全にこれは変だろう…と思った私。


実は2009年の記事というのはFC2に引っ越しして来る前の楽天からインポートしてきたもので、画像もセリフも入っていない日記のように簡単なクズ記事なのである。

えっ…こんな小学生が書いたような短い感想文が凍結されるのかよ…。
link.gif

全く同じ記事が楽天の方には今まだ残っている。
移してきたFC2の方は凍結される。

おかしいでしょう、こんなの。

つまり、訴えられているのはFC2だからなんだ!!

という事に気づいたので、検索で調べてみた。

そもそも、訴えてきた「comeso GmbH」とは何者なのか。

「comeso」とは

そう、今回のこの訴えはフジテレビというよりも「comeso GmbH」という会社が起こして来たのだった。

検索してみた結果、「comeso」とは海外のIT会社で、ロボットを使って検索結果から違法な海賊版をUPしているサイトなどを探し出しているらしい。

つまり、フジテレビ(とTBS)が「comeso」に委託してボットで著作権違反しているサイトを探し出し、FC2に削除を要請したと…その結果、ウチが凍結されたという流れ。

そして、ウチの他にも凍結されたというツイートなどを見てみると、そのほとんどは「歌の歌詞」と「動画サイト」だった。

私は別に動画を上げた事はない。

なのに、なぜウチだったのか……。

無料動画をUPするブログへのリンク

この手の訴えは、どこがどう悪かったのか相手に聞いても明確な答えは返ってこないんだろうな…と、想像した通り、検索するとそういう声がとても多い。しかも、やっているのは委託されているボットだし。

だから、憶測にすぎないのですが、原因はブログを楽天からFC2へ移した頃に、申し出があって相互リンクしていた「無料動画ブログ」かな。と。

以前から、アクセス解析を見た時にウチのブログはよく「無料」「動画」というキーワードとドラマのタイトルがセットで引っかかっていた。

動画なんて載せてないのに、とずっと不思議に思っていたけれども、サイドバーに掲載している「無料動画ブログ」このたった1行のブログ名。これが検索ボットには引っかかるんだよね。

慌てて外したけれども、後の祭り。 外した事が検索結果に反映されるまでたぶん何ヶ月も掛かる。 つまり、ボットが「このブログは動画をアップしていない」と思ってくれるまで、ウチの記事は凍結され続けるのかも知れない…。

…と、そう思っていた通りの事がこの後も起きるのですが、長くなったので別記事で。

muryoblog.cinemarev.net

「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)異議申し立てフォーム」に申し立てれば凍結は解除される

…んですよ、本当は。絶対に訴えられる要素がないと胸を張って言えるなら。

しかし、ウチの場合はスクショ画像を使っているのは事実なので。 セリフをつらつら書いている記事も何記事かあるし、限りなくグレーなので胸は張れないのである。

とりあえず「ガリレオ」と「BOSS」の記事は異議申し立てしてもいいんじゃないかとも思われるが、もしも何かあって本当に裁判になんてなったら馬鹿馬鹿しいじゃ済まない。

だって仕事のサイトではなく、これは単なる趣味のブログ。 裁判費用も時間も何処からも出ないのである。

FC2という会社は動画の件で訴えられて幹部の家に家宅捜索まで入った過去がある。 その和解が成立したのがこの6月らしい。

だから、現在、著作権違反などに特に神経質になっているんだろうなぁと…そう察した。

そして、ネットの世界も違法な動画サイトが多いFC2には目を光らせているのだろう。

ってことで、とりあえず、私はFC2から全記事のバックアップを取った。
もちろん、引っ越すつもりです。

whitehane02.gif Copyright 2005 見取り八段・実0段 くう子 whitehane01.gif