ブログのblog

無料ブログ「楽天」「FC2」「はてな」「Google-Blogger」「Seesaa」など比較、引っ越し、作り方、カスタマイズのメモ的忘備録

Seesaaブログから「はてなブログ」有料版へ独自ドメインでお引っ越しして失敗した体験談

このエントリーをはてなブックマークに追加   

当方では映画のブログを一昨年の頭辺りにSeesaaから「はてなブログ」へ引っ越している。

f:id:nakakuko:20160831001137p:plain

理由は以前も書いたようにSeesaaブログスマホ版の強制広告の入れ方が汚すぎて神経を疑うレベルだったからです。

muryoblog.cinemarev.net


泣けちゃう映画のレビュー記事に上からノロノロ「ダダン!!」「プシュ!」「プシュ!」とかいう漫画の擬音吹き出しがオーバーレイ広告として下りてくるのを見た時の情けなさ……。怒.gif

無料だからとは解っているが、入れるならせめて内容を考えてくれと、さすがに文句言わせていただきましたが、それはぁぁすいませーーーん考慮いたしまーーーす…みたいなノラリクラリした誠意のない返事(爆)

その時、引っ越そう、もうここでは書けない、引っ越そう…と決心したのだった。

独自ドメインでの引っ越しは決して「アドレスは変わらない」とは言い切れない


独自ドメインでブログを運営するというのはこのSeesaaが初めてだったので(HPは持っている)、引っ越し体験もこれが初めて。

で、軽く考えていた。

何のための独自ドメイン
引っ越しても「引っ越ししました」のお知らせなど出さずに済み、何もかも前と同じで住む場所が変わるだけ…。

初めは当然 Wordpressを考えたのだが、やり方をググってみると「記事タイトルは全角22文字まで」とか「半角スペースは入れてはならない」など面倒くさそうな案件がたくさん出てくる。

今から考えると映画ブログは引っ越しの時点でたかだか800記事くらいだったので、そのくらい頑張ってみれば良かった。

これから引っ越そうとしているドラマブログは4000記事以上である。ふう…。怒.gif

それ以上に、ずっと無料ブログの屋根の下を借りていた身としては、ブログ同士の繋がりやテーマから得られるアクセスという物を失う恐さもあった。
Wordpress という見知らぬ世界はたった独りぼっちで何かに立ち向かわなくてはならない感覚があったのだ。

そこで、すでに屋根がある所の有料版を探し始め、行きついたのが「はてなブログ」だった。
(ここにしようと思った理由はもう忘れてしまった(笑))

しかし、引っ越しの段になってやっと気づいた事がある。

独自ドメインなのでトップページのアドレスは確かに変わらない。
だからリンク先に引っ越しのお知らせを出す必要はない。

…が。

個別記事ページのアドレスが変わる!

独自ドメインだからこそ乗り越えられなかった壁


Seesaaで運営していた時、記事のアドレスはこんな物だった。

http://www.cinemarev.net/article/●●●●.html



対して、はてなに引っ越したらこうなった。



http://www.cinemarev.net/entry/●●●●.html



これは、それぞれのブログシステムであらかじめ設定されているパスであり、変える事ができなかった。

こういう壁があったのか…

とは引っ越してから気付いた事で、もうどうしようもなかったのね。汗.gif

参考になりそうな記事はたくさん検索した。

noriyasu-katano.hatenablog.com


ここなど、ものすごく参考になった。
(むしろ、これからやろうとしている引っ越しにすごく役立ちそう)

他にも参考になるサイトやブログがたくさんあった。
が、私はそれを何1つ使えなかった。

「article」「entry」の問題である。

どちらも私のドメインだから


同じドメインでサーバーを引っ越す時は、ドメインを管理している所へ行ってSeesaaから はてなへ移りますよと報告しなければならない。

初めのドメイン設定と同じ方法で「http://www.cinemarev.net/は引っ越します」という設定を行うのである。

muryoblog.cinemarev.net


その結果、「http://www.cinemarev.net/」はSeesaaから はてなへ移行する。

では、引っ越し後のSeesaaはどうなるかというと……。


消えて無くなるわけではなく、元々Seesaaから充てられていた本来のアドレスに戻るのである。

link.gif

(現在はこのSeesaaブログはこのままトラックバック受けのためだけに使っている。はてなブログにはトラバ機能がないので)

では、Seesaaで使っていた「http://www.cinemarev.net/article/●●●●.html」は、どこへ行ったのかというと、宙に浮いてしまったのだ。

現在引っ越し済みの「http://www.cinemarev.net/」の記事は全て「entry/●●●●.html」であり、「article/●●●●.html」には二度とアクセスする事はできない。

元が消えてしまったので、移転することもできないのである。
こいつはやられたね……。

ちゃんと移転できないのでGoogle先生に怒られる


はてなブログには1記事ずつURLを設定できる機能があるので、とりあえず、私は800弱あった記事のパーマネントURL(「●●●●.html」の部分ね)を1記事ずつ全部Seesaaの物と合せて書きなおした。

これは、1記事ずつトラックバックブログと合せられるようにしただけであり、別にこれをした事によってSeesaaとはてなのURLが繋がるわけではない。



映画のブログは元々、度々長々と更新をさぼるのでアクセスも不安定で、だからこそ思い切って実験的な引っ越しが出来たわけである。

ようするに、別に前のブログのアクセスを引き継ぎたいとかそんな大それた事は考えていなかった。
どうでも良かったのだ。


しかし「article/●●●●.html」は世界から消えてしまったが、検索の世界には残っていた。

ここまでお余所のブログに送らせていただいていたトラックバックやSNSに送った告知、お余所で紹介して頂いた記事などが全てこっちのURLだからである。

そして、Google先生に怒られる。怒.gif

link.gif

仕方ないのでウェブマスターツールの左メニュー「Googleインデックス」→「URLの削除」から「http://www.cinemarev.net/article/」を削除登録してみたり、特にアクセスの多い「http://www.cinemarev.net/article/●●●●.html」を100記事分くらい削除登録してみたりした。

色々と…めんどうくさい……。

link.gif

同じ独自ドメインで引っ越すなら、やはりWordpress


というのが正しい選択なのだと思う。
Wordpressでは、全ての記事を同じURLで引っ越すことが可能…なのかどうかは試していないので解らないけれども、その辺のカスタマイズ範囲もとても広そう。

これは今日になって見つけたのだが、livedoorさんには同じURLで引っ越すことが出来るツールがあるらしい。これは驚いた。

help.blogpark.jp

(しかしlivedoorさんではスマホ版に入る強制広告を削除する術がない。まぁ…Seesaaさんに比べたらとても大人しい常識レベルの広告なので良いかも知れないけれども)

でも「はてなブログ」に後悔はないです。


そんなこんなで要らぬ苦労は色々としたが、はてなブログさんはとても記事が書きやすいし、テーマの繋がりで記事を読みに来て下さる方もいらしたりして、引っ越して良かったと思っている。

映画ブログに関してはSeesaaにいた時よりもアクセス数も上がっている。(い…1か月くらいサボってても…汗.gif)

ドラマブログの引っ越しも別に本音は「はてな」でいいのである。

ただ、トラックバック機能がないという事だけが難なのね…。

で、恐らくはWordpress お引っ越し体験談へ続く。…という事になりそう。

whitehane02.gif Copyright 2005 見取り八段・実0段 くう子 whitehane01.gif