ロリポップでは独自ドメインのサブドメインだけでは運用できない

ロリポップではサブドメインだけの運用ができない

ノート

一連の凍結騒動の末、過去記事を本格的に引っ越す決意をした私は、ここは今まで逃げてきたWordpressというものに手を出してみようと考えました。

 

独自ドメインはムームードメインですでに作成済み、現在は「はてなPro」の方で映画レビューブログをやらせていただいております。

 

 

本当はドラマブログも同じサブドメインで「はてな」で運営すれば良かったのですが、ここで映画ブログを引っ越した時と同じ壁にぶち当たる私…。
 
「はてな」さんにはトラックバックシステムがない。んだね…
 
映画の時は散々悩んだ末に「まぁいっか…」と決意したのだが、ドラマの方はトラックバックの付き合いが結構大きい。
 
別にもういっか…とも思えるけれども、元来無精ものの私。
 
トラックバックの付き合いが無くなったら、もうネット上のお付き合いってなくなるかもよ…(リアルでも少ない人づきあいが(笑))

 

そこで思いついたのが、一生に一度は手を出してみてもいいんじゃね…
の、Wordpress.

 

そもそも、人のブログ立ち上げるのも仕事の1つにしていたのにWordpressからずっと逃げてきたからね(爆)
 
そろそろ、ちゃんとやろうぜ…ってことで、Wordpressを使う事にして、まずはサーバーを。

ロリポップはサブドメインだけでは運営できない!

実は、仕事のHPのためにサーバーはロリポップにすでにレンタルしてある。

そこでムームードメインで作っている「cinemarev.net」のサブドメインを作って、サブドメインだけロリポップで運用すればいいやと簡単に考えていた私。

※サブドメインについてザザッと書いておくと…

独自ドメインを1つ作るとそこから「サブ」を作る事が出来ます。

例えばウチの場合は

www.cinemarev.net ←これがメインのドメイン

muryoblog.cinemarev.net ←このブログは映画ブログのサブです

ここに新たに「drama.cinemarev.net」でも作ってロリポップサーバーで運用しようと思ったわけです。

 

しかし、何と、ロリポップはサブドメインだけでは運営できない!

事になっているらしいと解ったのでした。

…となると「cinemarev.net」ごと全部ロリポップに移転しなければならなくなります。「はてな」での運営ができません。何より、面倒くさい!

 

サブドメインだけロリポップで運営する裏ワザを公開して下さっている方がいらしたので、勇気のある方はお試しを。私は恐くて試せなかったです。笑.gif

http://ysklog.net/server/2703.html

 ロリポップの方をやめればええんやん

考えた末、辿り着いた答えがここです。

実はロリポップでは仕事関係のドメインを2つ運用していたのですが、ちょうど、きれいに作り直したい!と思っていたところでした。

なかなか重い尻が上がらなかったのだけど…つまり…この機会に全部やり直せという神の啓示なのだと思いました。怒.gif

さくらレンタルサーバーを使う事にする

レンタルサーバー、他にも高速なのがいくらでもあるわけだけれども、ウチの場合はネットでデッカく稼いでいるわけではないんで。ちょーー零細企業なんっすよ。お金は掛けられません。

で、ロリポップとほぼ同額で自由度が高いといわれている「さくらインターネット」さんにお世話になることにしました。

 

※WordPressを使うので「スタンダード」コースを選択します。有りがたい事に初期費用(通常は1000円かかる)無料サービス中だった

 

 

…って、ことで、続きは「さくらインターネット」の設定方法

https://muryoblog.cinemarev.net/entry/sabdomain.html

サポートよろしくお願いします

 

いつもありがとうございます。この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック


金額は空白欄に適当に(15円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。

メールのあて先は 「ageru15@gmail.com」です。

※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

なお、この投げ銭システムに関する記事はこちら→『ブログに「投げ銭」システムをつける方法を考えてみたまとめ』