[架空請求]「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」というハガキがきたら

デジタルな話題ではありませんが、こういう物がきたらネットで検索する方は多いと思うので。


総合消費料金未納分訴訟最終通知書ハガキ

「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」というハガキがきたらどうするか

結論から言うと……いわゆる「架空請求」なので何もしなくていいです(笑)

メールではかなり以前からお目にかかっていたものの、自宅のポストに現実に現れたのは初めてだったので驚きました。

なぜ住所を知っているのか、など考えると、メールよりも気持ち悪さ倍増ですね。

「裁判取り下げ」「弁護士」「民事訴訟」

文面に今までドラマや映画でしか聞いたことが無いような文字が躍り、不安でいっぱいになります。なる気持ちが分ります。

文面はこんなもの。

総合消費料金未納分訴訟最終通知書

管理番号●●●●

この度、貴方の未納されました総合消費料金について、契約会社及び、運営会社から、訴状申し入れされたことを本状にて報告いたします。

下記に設けられた、裁判取り下げ最終期日までにご連絡無き場合、管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行され、記載期日に指定の裁判所へ出廷となります。

尚、裁判を欠席されると相手方の言い分通りの判決が出され、執行官立会いのもと、あなたの給料、財産の差し押さえなどの恐れがございますので、十分ご注意ください。

民事訴訟及び、裁判取り下げなどのご相談に関しましては当センターにて承っておりますので、下記窓口へお問い合わせください。

尚、個人情報保護の為、ご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます。

ご連絡するとどうなるのか

ハガキに書かれた連絡先に電話してしまうと、まず弁護士を紹介され、そこからお金を取られていくことになるらしいです。

解決策

解決策としては、ただ放っておく。

これで良いと思います。

どうしても心配ならば「国民生活センター」へ相談を。

自治体や警察、法務省でも警告が。

コメント

※アドレスは必須ではありませんがGravatarでアバター設定している方は記入しないと画像が出ません。(アドレスは表示されません)。キャプチャーにチェックの上、送信お願い致します。承認後表示されます。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。