[WordPress]引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点

最近までワードプレスのサーバ移転もバックアップもFTPを使って手動で行うことが多かったのです。(FFFTPが重いので近頃ではもっぱらFileZillaで)

 
プラグイン“Duplicator”がエラーだらけであまり使い物にならないと感じていたので手動にしていたのですが、“All-in-One WP Migration”の方は良いらしいという話を聞き、そちらを使ってみたら、あら簡単。

ということで若干の注意点と使い方。
 

プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点

「「FFFTP」でバックアップを取る方法」で、ワードプレスのバックアップを取るときは「記事関係のデータベース」「wp-content」の中にある「uploads」(画像)・「themes」(テーマ)・「plugins」(プラグイン)の3つのフォルダをバックアップすると書きました。

https://muryoblog.cinemarev.net/entry/backup.html

『All-in-One WP Migration』は、これを一気にやってくれます。とっても早い。

 
ここでは、「Wordpress のアドレス(URL)を変更する方法」(ドメインを変更、サブドメインを変更、テストサイトに移動など)として、別のWordpressに記事を丸々移行するというタスクを実行します。

(ということで、移動するためのワードプレスは立ち上げておいてください)

『All-in-One WP Migration』をインストール

いつものように「プラグイン」→検索窓に「All-in-One WP Migration」と記入→インストールして有効化するだけ。
 

引っ越しする際、「All-in-One WP Migration」引っ越し元と引っ越し先、両方にインストールします。

エクスポート→インポート

まず、引っ越し元のWordpressと引っ越し先のWordpressのPHPバージョンは揃えておきましょう。ここが揃っていない場合のエラー報告が多いようです。

引っ越し元で

1. エクスポートを開きます。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 
「高度なオプション」を開くとエクスポートから外す物を選択できます。後で記載しますがインポートの容量に限りがあるので、ここで要らないものを選択するという手もあります。

ただのバックアップならチェックなしで全てエクスポートすれば良いですし、引っ越しならば引っ越し先で設定すればいいプラグインやテーマは要りませんし。メディアライブラリを外して、画像は後でエクスポートするなど。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 
2. エクスポート先を開きます。
 
「エクスポート先」を開きます。パソコンの中にダウンロードする場合は「ファイル」を選択。
 
3.「~~をダウンロード」をクリック
 
ほよんぼよんと動いているボタンをクリック。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 

エクスポート(引っ越し元)の作業は以上です。

引っ越し先で

次は引っ越し先でインポートします。
 
1. インポートを開きます。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 

実はこのプラグイン、このままだと20MBしかインポートできません。なので、右下の「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」をクリック。

 
2. 「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」ページの「4. Use plugin」をクリック。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 

真ん中の「Basic For sites < 512MB」のDownloadボタンをクリックします。ここは無料です。この右側の「Premium」は有料です。初めから512MBにしておいてくれればいいのに、商魂……。

 
3.ダウンロードしたプラグインをインストールする。
 
「プラグイン」→「プラグインを追加」横の「プラグインのアップロード」に、上でダウンロードした「All-in-One WP Migration」zipファイルをインストール。

 
インポートを開くと右下の表示が「512MB」に変わっていることが確認できるはず。
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点

 
4.インポートする。
 
引っ越し元からエクスポートしたファイルをインポートすれば終了です。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 

引っ越し先では元サイトのログインIDとパスワードで

引っ越し先のログイン情報も引っ越しされてしまっています。ログインする時は引っ越し元のログイン情報でログインしてください。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点

【重要】残った二重データを削除する

この『All-in-One WP Migration』、とても便利なのですが、止めてほしい点が1つ。

 
引っ越し元(エクスポートした方)ブログのサーバーに、コピーデータが残ってしまうのです。

「サーバに余裕がいっぱいある」「どうせ引っ越し作業が終了したら永遠に去るサーバ」などならば問題ないかも知れませんが、「テーマを変えるから一時的に記事を移してテスト」などの都合でエクスポートした場合は削除しないと容量を食われてしまいます。これはプラグイン自体を削除しても解決されないので、ファイルマネージャーから対処します。
 

以下はエックスサーバーの場合。

 
1.元ブログのファイル「wp-content」を開く。
 
2.「ai1wm-backups」をフォルダごと削除。
「wp-content」直下に「ai1wm-backups」というフォルダが出来上がっています。これが生成された不要データなので丸っと削除。
 
引っ越し簡単プラグイン『All-in-One WP Migration』の使い方と注意点
 

プラグイン自体は必要に応じて削除してください。
サポートよろしくお願いします

 

いつもありがとうございます。この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック


金額は空白欄に適当に(15円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。

メールのあて先は 「ageru15@gmail.com」です。

※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

なお、この投げ銭システムに関する記事はこちら→『ブログに「投げ銭」システムをつける方法を考えてみたまとめ』