【無料ブログからWordPressまで】Google Search Console(サーチコンソール(旧・ウェブマスター))の登録方法

今さらですが、最近SSL化の記事をいくつか書いていて、『Bingウェブマスターツールに登録する方法』に関する記事は作ってあるのに肝心の「Google Search Console(サーチコンソール)」に登録する方法を書いてなかったわ……と思い出したので、覚書き。

サイトをGoogle Search Console(サーチコンソール(旧・ウェブマスター))に登録する方法

考える

基本的にはBingウェブマスターツールの登録方法と同じです。

以前、「はてなブログ」を中心にFC2など無料ブログを「Bingウェブマスターツール」に登録する方法を書きましたが、ここではWordpressサイトを登録する方法をご紹介…

プラグイン Google XML Sitemaps でサイトマップを作製

まずは、ここから。(WordPressの場合です。)

FC2や「はてな」などのレンタルブログはサイトマップをわざわざ作る必要はない、はず。
This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

普通に、ダッシュボードの「プラグイン」→「新規」からインストールできます。

Google Search Consoleにアクセス

右上の「プロパティを追加」をクリック。

フォームに登録したいサイトのアドレスを入力して「追加」をクリック。

所有権の確認手続き

ようするに、今、登録しているブログ(サイト)の管理人は間違いなく私だと宣言するための作業です。よくよく考えれば他人がブログに悪さする可能性だってあるわけで、システムがレンタルだろうが「これは私の物!」と認めてもらっておくことは、あらゆるセキュリティ面でありがたい事だと思います。


提示されたコードをブログの方に挿入して確認してもらいます。確認が済んでも書きこんだコードは消さないこと。

1. Wordpressでも他のブログでも、「別の方法」タブを開く。

search-console

2. 「HTMLタグ」を選択

認証コードを含むタグを既定の Web ページの<head>セクションに追加できます。

以下のタグ

<meta name=”xxxxxxxx.00″ content=”xxxxxxxxxxx1234xxxxx” >

を全てコピーします。

bing-touroku-4

これをWordpress内の「<head></head>」に埋め込みます……。

「それはどこ?」という方は、『Bingウェブマスターツールに登録する方法』を見てください。やる事は全く同じです。

以前、「はてなブログ」を中心にFC2など無料ブログを「Bingウェブマスターツール」に登録する方法を書きましたが、ここではWordpressサイトを登録する方法をご紹介…
WordPressでテーマ「Simplicity」をお使いの方は、「カスタマイズ」→「アクセス解析」→「Google Search ConsoleのID」欄にコピーした「content=”xxxxxxxxxxx1234xxxxx”」の赤字部分のみを貼り付け→「公開」


3. 「Search Console」に戻って、左下の「確認」をクリック。

コードが正しく貼り付けられていれば「https://×××××.××/ の所有権が確認されました。」という表示に飛びます。→「続行」

サイトマップを登録する

「サイトマップ」をクリックして、右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリック。

Wordpressの場合は、空欄に「sitemap.xml」と記入して送信します。

他、各ブログのサイトマップアドレスはこちら

Yahoo!が突然Googleを採用したように突然Bingを採用する日が来るかも知れないし、登録しておいて悪いことは無いので…。ちなみに、Googleで何か検索するとまとめサイトばかり出て来てウザいという方は、Bingを使ってみるといい…
その場で即反映されないと思いますが、(「サイトマップが見つからない」などと表示される)数分後には送信成功しているはずなので何度もやり直さなくて大丈夫です。

そもそも「Search Console」で何ができるのか

ブログを作ったら登録しろしろと言われるけれども、そもそも一体「サーチコンソール」とは何ぞや……という話ですが。

・Googleせんせーが正しく自分のサイトをクロールしてくれているか。

・新しく書いた記事が正しく検索エンジンに登録されているか。

・Google八分になるような違反記事だと思われていないか。

など、検索botの動きを見ることができるのです。

検索エラーに引っかかるような何かが起きた時には教えてくれます。異常にアクセスが上がった時などにも教えてくれます。

「検索トラフィック」を使えば、自分のサイトにどういうキーワードで人が来ているのかも分ります。

search-console-検索クエリ

ですから、登録したら、マメに見に行った方がいいです。

無料でこのようなツールを用意してもらえるというのは、とてもありがたい事です。

いずれ、また「使い方」についての記事は別に書きたいと思います。

コメント

※アドレスは必須ではありませんがGravatarでアバター設定している方は記入しないと画像が出ません。(アドレスは表示されません)。キャプチャーにチェックの上、送信お願い致します。承認後表示されます。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。