【画面真っ白】キャッシュ系プラグイン『W3 Total Cache』をきれいに削除する方法

私、常々「プラグインはやたらと入れない方がいいですよ」「特に表示が早くなるという文句に釣られるキャッシュ系プラグインにはご注意を」「何かする前にはバックアップをーー

と、書いておりますが、人にそう言う割には自分自身はバックアップも取らずにペロッと更新ボタンを押しちゃうことがよくあります。

つい最近もそういうことをペロッとやって、ブログもダッシュボードも、とにかく画面が真っ白になるという恐怖を体験しました。

はい。しかも、人に「気をつけろ」と言っているキャッシュ系プラグインです。何やってんだ!!

error-op

『W3 Total Cache』の削除方法


管理画面(ダッシュボード)も真っ白で使えないので、←サイドバーの「プラグイン」から削除することはもはや不可能。

なので、ファイルマネージャへアクセスします。(当方はエックスサーバーを使っています。他サーバーの場合はそれぞれのファイルマネージャーへ。あるいはFTPソフトでサーバーへ接続。)

以下、書き換えるファイルに関しては、必ず必ずあらかじめコピーを取ってダウンロードしておいてくださいっこれらの書き換えに失敗すると、サイトはもう元に戻りません。

1. 『W3 Total Cache』プラグイン自体を削除する

こんな恐ろしい目に遭って、まだ『W3 Total Cache』を使いたいと思われるのなら別ですが、私はさようならしました。使い続けたい方も、とりあえず一旦削除して再インストールすればいいと思います。

「ドメイン」→「public_html」→「プラグインをインストールしたファイル」→「wp-content」→「plugins」

「w3-total-cache」にチェックして削除を実行。

2. 『W3 Total Cache』が作り出したフォルダを削除する

それだけでは完全に削除できないので、「wp-content」内にある

1. 「w3tc-config」という名のフォルダ全部
2. 「advanced-cache.php」

を削除

3. 「wp-config.php」を編集する

ここからは、冒頭に書いた「ファイル編集の前にコピーと保存」という作業を必ず行ってください。

「ドメイン」→「public_html」→「プラグインをインストールしたファイル」→「wp-config.php」とアクセスして「wp-config.php」を開きます。

ここに、『W3 Total Cache』が勝手に書きこんでくれた記述があるので、そこを全て削除します。

/** Enable W3 Total Cache */
define(‘WP_CACHE’, true); // Added by W3 Total Cache

を削除して保存。

他にも「Added by W3 Total Cache」を見つけたら、その記述行は全て削除。

4. 「.htaccess」を編集する

重要なファイルです。「編集の前にコピーと保存」を必ず行ってください。

「# BEGIN W3TC Browser Cache」 

から 

「# END W3TC Browser Cache」

までを全て削除して保存。

5. 確認

以上で『W3 Total Cache』は完全削除され、画面真っ白も直っている。はず。です。

もしも、この段階でまだ画面が真っ白だとしたら、それは以下の可能性が高いです。

1. 「wp-config.php」や「.htaccess」の編集に失敗している。→ 編集前にコピーして保存したファイルを上書きアップし直し、初めから慎重に編集をやり直す。

2. ご自分が持っている他のドメインや他のサイトのファイルを間違えて編集してしまった。→よく見て。

ダッシュボードに『W3 Total Cache』に関するエラーが表示されている場合は、「wp-content」内にW3 Total Cacheが作ったファイルや記述がまだ残っている可能性が高いので、手順2.『W3 Total Cache』が作り出したフォルダを削除するなどに戻って、エラーメッセージが指示する部分を削除してください。


関連記事

様々なサイトのコメント欄で見かけると思いますが、この「私はロボットではありません」というコメントスパム避け画像認証です。 付いていると何となくカッコいい……というだけではなく、Google先生も大推奨している強力な認証機能です。 しかし…

コメント

※アドレスは必須ではありませんがGravatarでアバター設定している方は記入しないと画像が出ません。(アドレスは表示されません)。キャプチャーにチェックの上、送信お願い致します。承認後表示されます。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。