イメージマップ(image map)の簡単な作り方と座標説明

Wordpressカスタマイズの覚え書き

ひとまずはイメージマップを簡単に作成できる神ツール『HTML Imagemap Generator』の使い方をご説明いたします。そのあとで、そもそもこのツールで出来上がる座標の説明を簡単にさせていただきます。

テキストはともかく、画像にリンクを張る際に、

これ、このワンポイントだけにリンクを付けたいんだよね。

できたら、一枚の画像のこのポイントとこのポイントに別々のリンクを張りたい……

のような悩みをお持ちになる方は少なくないはず。

その悩み、解決できるのです。

一枚の地図画像の「A」「B」「C」それぞれにそれぞれの説明リンクを付ける。そういう座標マッピングを付けることがHTMLコードで出来るのでした。

目次

イメージマップを簡単に作ることが出来るHTML Imagemap Generatorの使い方

WordPressだけではなく、(HTMLを使用できれば)ブログシステムでも、他ホームページ制作システムでも、簡単に使うことができます。

当方は割と最近までツールの存在を知らず、ペイントでルーラーを表示したりしてクソ真面目に座標を作っていたのですが、ものすごく簡単にコードを作ることができるツールが無料で公開されていることを知りました。(えっ、遅い……)

「HTML Imagemap Generator」にアクセスしよう

例えば以下のような地図があるとして、「学校と駅に、それぞれの場所を説明するリンクを付けたい」と思ったとします。

学校と駅をクリックしてみてください。

……はい。まだ何も起きません。

イメージマップを簡単に作ることが出来るHTML Imagemap Generatorの使い方

そこで『HTML Imagemap Generator』の出番です。

イメージマップの画像をアップする

HTML Imagemap Generator』に上の画像をUPします。

リンクを付けたい場所を選択する

ポイント選択が成功していれば青くマークアップされます
  1. 右上のメニューからリンクの選択範囲の形を選ぶ(点でリンクを付けたい時は「円」でOK)
  2. リンクを付けたい場所をマウスで押さえて、押さえたまま範囲を広げる。
  3. 手を離せば作業終了。右側にHTMLコードが表示される。
  4. 今回は「学校」と「駅」にポイントを付けるので、続けて1.の手順から「駅」の場所を押さえて繰り返す。

このようなコードが取れました。

<img src="map.jpg" usemap="#ImageMap" alt="" />
<map name="ImageMap">
  <area shape="circle" coords="321,209,72" href="#" alt="" />
  <area shape="circle" coords="446,581,95" href="#" alt="" />
</map>

コードをそのままアップする

取ったコードにリンク先URLを書き足して

<img src="画像URL" usemap="#ImageMap" alt="" />
<map name="ImageMap">
  <area shape="circle" coords="321,209,72" href="https://www.weblio.jp/content/学校" alt="学校" />
  <area shape="circle" coords="446,581,95" href="https://www.jr-odekake.net" alt="駅" />
</map>

UPします。Wordpressの場合はカスタムHTMLブロックを使うと良いでしょう。

学校と駅をクリックしてみて下さい。それぞれ違うリンク先へ飛びます。

学校 駅

イメージマップをレスポンシブに対応させる

大変便利なマップなのですが、このまま実装しただけではモバイル対応しません。

パソコンでもビューサイズを縮めるとだんだん位置がずれてきてしまいます。

これに対応しないと、決まったデバイスでしか使えない代物になってしまいますね、

プラグインなどもあるのですが(かなり更新されておらず、古いです)、簡単に実装できるので、ここでは「image-map-resizer」をファイルに追加する形で対応します。

詳細は下ページへ。詳細はどうでもいい方は、先へ。

イメージマップをモバイル対応・レスポンシブにさせる(コピペ)

サーバーからindexファイルを開いて、以下のタグを< /body > の上へコピペしてください。

WordPressの有名テーマの場合は以下の場所に追加すれば簡単に設置できます。

  • “SWELL “や “THE THOR” の場合は「外観」カスタマイザーの「高度な設定」
  • “STORK”の場合は「外観」カスタマイザーの「headタグ・アクセス解析コード」
  • “Cocoon”の場合は「Cocoon設定」→「アクセス解析・認証」→「フッター用コード」
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/image-map-resizer/1.0.10/js/imageMapResizer.min.js"></script>
<script>
  imageMapResize();
</script>

一応、正しいコードは以下へ。

イメージマップのコードに書かれた数字(座標)説明

そもそも基本的にこの”321,209,72″という数字は何なんだ?という話ですが。

  <area shape="circle" coords="321,209,72" href="#" alt="" />
  <area shape="circle" coords="446,581,95" href="#" alt="" />
</map>

これが冒頭の、「当方は割と最近までツールの存在を知らず、ペイントでルーラーを表示したりしてクソ真面目に座標を作っていた」に繋がるわけですが、ジェネレーターで作った座標がズレる場合などのために覚えておいてもよろしいかと思います。

イメージ「マップ」というくらいですから、この数字は座標なのですね。

“321,209,72”は、“円の中心の座標 X=321 y=209 円の半径=72” と、なります。

ちなみに四角形でポイントを作る場合は「左上の座標(x y) 右下の座標(x y)」となります。

座標はWindows標準のpaintで作ることが出来ます。

「表示」→「ルーラー」でゲージが表示されます。

イメージマップを簡単に作ることが出来るHTML  座標の調べ方

一応頭に入れておけばジェネレーターの調子が悪い時などに役立つかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

profile

主にWordpress中心のサイト・ブログ制作&コーダー、カスタマイザー。

2000年からHP制作を始めました。

ハウツーサイトやキュレーションサイトのライター、ブログ作成・運営のお手伝いなどをしております。

お仕事で関わった無料ブログ&Wordpressカスタマイズ案件実績400件以上。

携わったワードプレステーマ30以上。

アナリティクスを観察するのは生活の一部。

Google Analytics個人認定資格取得。 SEOマーケティングアドバイザー資格取得。

SEOに特化したページ作りをめざしています。

 

カスタマイズのご依頼は「一木堂」へ

follow us in feedly 映画@見取り八段 | 映画感想ブログ coconara ss

サポートよろしくお願いします

いつもありがとうございます。

この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック
金額は空白欄に適当に(15円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。

メールのあて先は 「ageru15@gmail.com」です。
※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。

aa a
よろしくお願いいたします。

なお、この投げ銭システムに関する記事はこちら→『ブログに「投げ銭」システムをつける方法を考えてみたまとめ』

コメント

コメントする

目次