[WordPress]ワードプレスのテーマを変更する[Simplicity2からCocoonへ]

以前、当方の趣味のブログは全てテーマ「Simplicity2」で作っていると書かせていただいた気がしますが、映画のブログは「はてな」からWordpressに移転した時点で「Cocoon」を選択しました。

これが使いやすくて素晴らしいので、今回、仕事関係のブログ(現Sinplicity)もCocoonに変更することにしました。

いずれはこのブログもCocoonに変えようと思っているので、とりあえず覚書き。

Wordpressテーマの変更cocoon

ワードプレスのテーマをSimplicityからCocoonへ簡単に変える方法

そもそもなぜ映画のブログはCocoonにしようと考えたのか……というと、「はてな」で最後に使っていたテンプレート
Wordpressテーマの変更cocoon 

↑と、なるべく近いデザインにしたかったというのが理由です。

Wordpressテーマの変更cocoon


それはSimplicityでも実現可能なのでしょうが、Cocoonの方が色々と考えなくても思った通りのTOPが作れそうだったので。

ちなみに、先日の記事、

Wordpressのギャラリー機能を利用して、プラグインや特別なコード無しで、トップページへ簡単に画像横並びレイアウトカスタマイズ。

この、画像カードを横に並べたデザインのTOPページというのも、こんな事しなくてもCocoonなら簡単に実現します。

Cocoon とは

「Cocoon」「Simplicity2」と同じく わいひら氏が作成されている無料テーマです。「Simplicity2」以上に自由度が高く、洗練されていて、高機能で、こんな凄いものを無料で使わせていただいているのがホントに信じられません。ありがとうございます。

その「高機能」の内容は「Cocoon」公式でも充分説明されているし、書かれている方もたくさんいらっしゃるので割愛し、ここでは「Simplicity2」→「Cocoon」の変更方法と注意点のみ書いていこうと思います。

SimplicityからCocoonへの移行手順

まずCocoonの公式へ行ってテーマファイルをダウンロードします。

Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。
「ダウンロード」のボタンを押して、親テーマと子テーマを両方ともダウンロードします。

Wordpressテーマの変更Sinplicity→cocoon zipファイル

Sinplicityの方で何か気に入ったCSSを書いていた方は、テーマが変われば当然消えますのでバックアップしておいてください。

ダッシュボードに入る

1.テーマを変更するWordpressのダッシュボードに入り、「外観」→「テーマ」へ。

2.上「新規追加」をクリック。
Wordpressテーマの変更Sinplicity→cocoon インストール

3.上「テーマを追加」→ 「テーマのアップロード」をクリック。

4.「ファイルを選択」をクリックして、先ほどダウンロードしたzipファイル(cocoon-master)をインストール。

5.「有効化」したら、続けて同じ手順で子テーマzipファイル(cocoon-child-master)をインストールします。

6.子テーマを「有効化」します。
Wordpressテーマの変更Sinplicity→cocoon 有効化

最終的に「有効化」するのは親テーマではなくて子テーマの方です。

テーマの変更自体はこれで終了です。ここからカスタマイズしていきます。

Simplicity2からCocoonへ変更したらやった方がいいこと

1.投稿設定を引き継ぐ(メタディスクリプションなどSEO設定)

Simplicityで記事を書くときに「メタディスクリプション」や「SEOタイトル」などの設定をきちんと入れていた方は、テーマの変更によって消えてしまっている可能性があります。(たぶん、消えます)

一記事ずつ全部手動で書き直さなくてはいけないの!?……という心配はありません。

1. メニューから「Cocoon設定」を開く
Wordpressテーマの変更Sinplicity→cocoon 設定

2. 「その他」タブを開き、「Simplicityから投稿設定を引き継ぐ」をクリックして保存

Wordpressテーマの変更Sinplicity→cocoon 設定引き継ぐ

たったこれだけで、以前書いた記事のSEO設定が復活します。

2.Google Analytics とGoogle Search Console の設定

「Google Analytics」のトラッキングIDと「Google Search Console」のIDを持っている方は先ほどの「Cocoon設定」をクリックして記入します。(IDを持っていない方は、この機会に作りましょう)

せっかく書いた記事がGoogle検索エンジンに正しく登録されているのか、訪問者はどういう動きをしているのか、正しく知るためにも「Google Search Console(サーチコンソール(旧・ウェブマスター))」へ登録しましょう。という方法。
1. メニューから「Cocoon設定」を開く

2. 「アクセス解析・認証」タブを開き、「Google AnalyticsトラッキングID」「Google Search Console ID」を記入して保存

一番上の「アクセス解析設定」→「解析する」にチェックすると各ページのアクセス数を管理人だけに表示してくれます。おすすめ。

3.「All in one SEO」プラグインを何とかする

上記のアナリティクスやサーチコンソールの再設定ですが、元々「All in one SEO」プラグインで設定してある方はそのままで良いです。つまり、Cocoon設定にも記入してしまうとダブってしまいます。

それは「Sinplicity」の時もそうだったと思うのですが、記事の「メタディスクリプション」も「All in one SEO」とダブってしまうので記載する必要がないですし……要するに、Cocoonを使うとSinplicity以上に「All in one SEO」は不要になります。停止してもいいかも。

4.「目次」プラグインを停止する

「Table of Contents Plus」などの「目次」作成プラグインを使っていた方は、Cocoonを使えば必要なくなるので停止した方がいいです。(と申しますか、ダブるので停止してください。)

Cocoonでは<H2>タグの上に目次が自動的に作成されます。(目次が要らない場合はCocoon設定の「目次」タブから表示非表示を設定できます)

あとは、体裁や広告の場所の問題になりますので、Cocoon 設定のタブをあれこれいじりながらカスタマイズしていくといいと思います。Cocoonのカスタマイズは全てこの「Cocoon設定」画面で行うことができます。

デザイン的なカスタマイズについては、また別記事で。

サポートよろしくお願いします

いつもありがとうございます。

この記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃったらサポートしていただけると嬉しいです。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック
金額は空白欄に適当に(15円から)書きこんで下さい。(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定なので気になさらないでください)。

メールのあて先は 「ageru15@gmail.com」です。
※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。

 
よろしくお願いいたします。

なお、この投げ銭システムに関する記事はこちら→『ブログに「投げ銭」システムをつける方法を考えてみたまとめ』

フォローする

スポンサーリンク