[初心・初級]WordPressサイトを作成したら最初に入れるべき最低限プラグイン5つ

WordPressは基本、何かしたい事があれば自分で構築していくものですが、「それを入れれば何でも魔法のように解決する」プラグインという追加プログラムがございます。

それのおかげで初心者でもレンタルブログなみに簡単にブログ運営していくことができるわけです。ありがたい。

しかし、ネットにあまた浮いているプラグイン。下手に取り込むとサイトがぶっ壊れて画面も頭も真っ白にさせられる物もあるわけで。

便利だ便利だと思ってたくさん入れていると、サイトは重くなるし壊れるし、良くないことしか起こりません。

何回もここで書いているように「余計なプラグインは入れない!!」

これを鉄則に、体験からも学んだ「最低限入れておきたいプラグイン」「入れておくとイイかもプラグイン」そして、「これ入れたらエラーが起きましたプラグイン」覚書き。

WordPressを作成したら入れておきたい最低限のプラグイン

プラグイン

プラグインを入れすぎるとサイトが重くなるよ、ということは先ほど書きましたが、それだけではなく。

  • サイトが重くなります(だって水面下で動いてくれているから)
  • ハッキングやスパム、乗っ取りに狙われやすくなります(長期間更新されていないプラグインなんて要注意です)
  • 入れているプラグインの相性でエラーを起こしたりします
  • 上のようなことが起きた時、たくさん入れていると、どのプラグインが原因なのか分からなくなります
  • エラーは更新時に起きやすいのでヒヤヒヤする頻度が高まります

最低限これだけは入れたいプラグイン5つ

Akismet Anti-Spam

Akismet はコメントをチェックし、迷惑なコンテンツからあなたとサイトを守るために、グローバルなスパムデータベースに対して問合せフォームに連絡します。
アンチスパムプラグインです。スパマーコメントを排除、管理してくれます。確か初めから入っていた気がするので、有効化するだけ。「設定」から登録して取得した「API キー」は複数のWordpressにそのま使うことができます。

Google XML Sitemaps

This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

サイトマップ構築のために必要です。GoogleやBingにはこれで作成したサイトマップを送信します。

せっかく書いた記事がGoogle検索エンジンに正しく登録されているのか、訪問者はどういう動きをしているのか、正しく知るためにも「Google Search Console(サーチコンソール(旧・ウェブマスター))」へ登録しましょう。という方法。

Broken Link Checker

このプラグインは、投稿 / コメント / その他のコンテンツについて、リンク切れと無くなった画像をチェックし、見つかったら通知します。
サイト内のリンク切れを発見し、教えてくれます。楽天アフィリエイトなどの画像リンク切れもチェックしてくれます。リンク切れはGoogle先生の印象を悪くするので必須です。(Wordpressの新規立ち上げではなく、どこかから移転してきた方は必須!です。)

WordPress Ping Optimizer

あなたのワードプレスのブログを ping spammer としてタグを付けないように保存します。このプラグインは、cbnet Ping Optimizer プラグインのフォークです。
「SEO対策のためにPIN送信してくれるプラグイン」……と言われていますが、私は逆に移転した記事をちょっと更新するたびにWordpressがPIN送信暴走する(かつてトラックバックをさせていただいたサイトなどに勝手にどんどんPINを飛ばしてしまう!)のでPIN送信暴走を止めるために使っています(移転してきた人は必須です)

WP Multibyte Patch

WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張。
確か初めから入っているはず。Wordpress日本語化パッチです。「有効化」するだけ。

必須ではないけれども入れておくと便利かもプラグイン4つ

Search Regex

Search Regex は、検索のための完全な正規表現をサポートし、WordPressに強力な標準検索機能と置き換え機能を追加します。 …
誰にでも必要とは言い切れませんが、移転した方は必須です!URLやテキストなど、ちょっとした文言から長々しいコードまで、一発で置き換えることができるプラグイン。
画像などのアドレスが変わり、一気に書き換えしなくてはならなくなった時……100単位、何千単位になった時、それはもう途方に暮れるしかないわけで。そんな苦しみから解放してくれるのが「Search Regex」…

Category Order and Taxonomy Terms Order

Order Categories and all custom taxonomies terms (hierarchically) and child terms using a Drag and Drop Sortable javascript capability.
これも移転してきた方には必須のプラグインになるでしょう。カテゴリーの順番(序列)をドラッグ&ドロップで簡単に変えることができるプラグイン。

Google Captcha (reCAPTCHA) by BestWebSoft

Protect WordPress website forms from spam entries with Google reCAPTCHA.

よくコメントフォームに付いているグルグルの認証矢印を設置します。Google先生もご推奨です。

様々なサイトのコメント欄で見かけると思いますが、この「私はロボットではありません」というコメントスパム避け画像認証です。 付いていると何となくカッコいい……というだけではなく、Google先生も大推奨している強力な認証機能です。 しかし…

WordPress Popular Posts

高度にカスタマイズ可能で、使いやすい投稿ウィジェットです。
誰にでも必要とは言い切れませんが、人気記事をサイドバーなどに表示するためのプラグインです。プラグインを使わなくても済むテーマなどもあると思うので、よく考えて導入してください。(ちなみにこのプラグインはサイトを若干重くします。)

よく使われているけれど要らないと思うプラグイン

All in One SEO Pack

2007年から45,000,000回以上ダウンロードされたオリジナルの WordPress SEO プラグイン。
みんな取り入れているSEO対策プラグインで、私も一番初めに開いたブログには導入したのですが、正直、「Simplicity」をテーマとして使わせていただいている身としては必要なかったです。(導入しなくても困る事がないです)。なので、ここも含めて以降に制作したブログには一切使っていません。

「SEO」を重大時と捉えている方は有料の凄いテーマを購入していらっしゃるでしょうから、もっと必要ない気がします。(これも導入するとサイトを若干重くします。ご自分のテーマの機能を充分に確認してから導入した方がいいかと。)

Table of Contents Plus

目次を自動で生成する、強力でユーザーフレンドリーなプラグインです。 全てのページとカテゴリーリストを表示するサイトマップも出力することができます。
「目次」を作るプラグインです。自分で簡単に書けるので、導入しなくてもいいと思います。

学術系ホームページやハウツーブログ、Wordpressでよく見る「目次」ですが、プラグインを使わなくてもごくごく簡単に設置できます。

WP Social Bookmarking Light

SNS のシェア機能を各投稿の上部または下部に挿入するためのプラグインです。
SNSボタンを設置するためのプラグインですが、これこそ、お使いのテーマに付いてません付いていなくても、ググれば設置のやり方が出てきます。いや、自力で付けられないならば付いているテーマを使った方が良いです。たぶん。テーマはそういう事も考えて選びましょう。

Contact Form 7

お問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

連絡先フォームを設置するためのプラグインです。私自身はサイトによって使ったり使わなかったりしています。ここのブログは確かGoogleフォームを使っている気がします。簡単に作れます。

自分でアンケートを作成するだけでなく、他のユーザーとも同時に共同で作成できます。また、デザイン性の高いさまざまな既製テーマから選択したり、独自のテーマを作成したりすることも可能です。しかも、Google フォーム内で結果を分析できる、Google の無料サービスです。
ちなみに、Wordpressに初めから入っている“Hello Dolly”は削除してもしなくても大丈夫です。(たぶん)あまり役にも立たないし(使っているという話を聞いたことがない……)、削除してもエラーも起きません。(実証済み)

私、これで真っ白になりましたエラー体験プラグイン

W3 Total Cache

「サイトの表示速度を早くする」でお馴染み、キャッシュ系プラグインです。ヘタすると軽くて速いどころか重くて真っ白になります。
「表示が早くなる」という文句に釣られて導入しやすいキャッシュ系プラグインですが、トラブルも非常に多いです。今回は『W3 Total Cache』のおかげでアクセスエラーになり管理画面にすら入れないという恐怖を味わったので、プラグインの完全で安全な削除方法をご紹介…

プラグインを使わなくても高速化できる記事を書いて下さっている方がおられるので、参考にさせていただきましょう。

WordPress の数少ない欠点の一つは、サイトの表示速度が遅くなりがちになってしまうということだ。そして、サイトの表示速度はユーザビリティだけでなく、SEOにとっても重要だ。そこで、このページでは、WordPressの初心者でも簡単にできることだけで、表示速度を大きく高める方法をご紹介する。

EWWW Image Optimizer

「画像ファイルを自動的に圧縮してくれるプラグイン」で人気ですが、「画像」が関わるだけに他のプラグインと戦って画面真っ白にしてもらった経験があります。

そして、導入していてもあまり効果は感じません。

面倒でなければ圧縮してから画像をアップロードするという手も……。

Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your PNG images by 50-80% while preserving full transparency!

プラグインをインストールする前に検索を!

プラグインをインストールする前には、必ず「〇〇(プラグイン名) エラー」「〇〇(プラグイン名) トラブル」「〇〇(プラグイン名) 脆弱」などのキーワードで検索してから取り入れましょう。

使いにくかったり役に立たなかったりエラーを起こしやすいプラグインについては、必ずクチコミが見つかります。

「便利そう」という気持ちだけで安易にインストールしてブログを壊されないように、事前の情報は得る方がいいと思います。

ググるための いんたーねっと。です。

プラグインなしでできることはググって、なるべく自力で解決できるといいですね。

コメント

※アドレスは必須ではありませんがGravatarでアバター設定している方は記入しないと画像が出ません。(アドレスは表示されません)。キャプチャーにチェックの上、送信お願い致します。承認後表示されます。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。